<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

新しいケータイ

やっぱりだめだった。  4度目の水没。  さらば、904、 アーメン。

で、新しいのがこれ。(F-06B)  
タッチパネルが面白そう。  (が、実はイマイチ使いづらい ^^!)

f0157192_20125699.jpg


今は写真機能もすごいもんだ。
前の機種はそこが充実しているというのが購入理由だったが、それでも300万画素ぐらいだったそうな。
いまや低価格帯のものでも800万とか。

これは1200だか1300だとか言っていた。

さらにさらに、、、防水ジャー!!!
(実は以前にも防水を使ったことがあるんだが、その時は一度も水に落とさなかった)
  ま、安心料ということで。
[PR]

by gski1998 | 2010-06-23 20:20 | コネタ  

キレイになった904

このブログを始めるにあたって、写真機能が充実している機種を、、、
と思って聞いてみたら薦められたのがこれ。

f0157192_205777.jpg


3年になるのか?

充電の端子が調子悪くなり、修理に出したら新品同様になって帰ってきたのが4ヶ月前。

春になり農作業が始まると、埃っぽいポケットに入れられ、ともすれば泥だらけの手で触ったりもする。
ちょっと汚れてきたなー、 と思っていたらさっきまたキレイになった。

ウォーー!  洗濯してしまったーーー!  レノアもだーー!

直るかなァー  ダメだろなァー  明日行ってみよ。
[PR]

by gski1998 | 2010-06-20 21:08 | コネタ  

下り坂でウィリー!

オフロードバイクの耐久レースが昨年から爺で開催されている。
6月の第2土日が定着しそうだ。

f0157192_2159383.jpg



450台。(昨年は300台)
1年を通じて、爺が最もにぎやかになる。  

協賛各社のテント。  車体やら、パーツやら。

f0157192_21555070.jpg

f0157192_21561060.jpg



こんなんもあった。 痛車ならぬ、痛バイク。
f0157192_21564432.jpg
f0157192_2157262.jpg



いろんなクラスがあるらしい。(60分、100分、3時間) 
3時間組のスタートはpm12:00。

昨年の旗振りは市長だったが、今年はネーチャン。   この方がずっとイイゾ。 (^^)
f0157192_22654.jpg


コース整備に使ったらしい、ウニモグ。  

f0157192_227777.jpg


ガレ場がやっかいそうだ。特に、第3リフトの最後。
登れずに諦めるライダーも多いなか、ウマイやつはスタックしている他車の間隙をぬっていく。
スロットルを戻さないで最後まで登りきったほうが良いようだ。

f0157192_22155230.jpg

f0157192_22161893.jpg


赤ゼッケンは日本ランカー。 特にシングルナンバーは気迫が伝わってくる。
下り坂でウイリーしながら抜いていった!!
f0157192_22201184.jpg


チェックポイント。  持たされているICチップで周回数をカウントする。
ここでも抜いていくやつがいた。

f0157192_2230536.jpg


地形をフルに使って1周10分ぐらい。、  ハードなスポーツだ。
[PR]

by gski1998 | 2010-06-13 22:34 | コネタ  

初収穫ーー

赤いものがちらほら見え出したので一回りしてみた。

100個ほどの収穫。

f0157192_1735038.jpg


こうなってくると、忙しさがすぐそこに迫ってきている。
明日からお天気がグズつきそうだ。  次に晴れた時からいっきに来そうだ。
[PR]

by gski1998 | 2010-06-12 17:35 | いちご  

変なオッバサンたら

んで、これが作業中のともさん。

日焼け対策のサングラス、花粉対策のマスク、かぶれ対策の腕カバーなんやらで
実にあやしい姿となってます。

f0157192_17354578.jpg


ご苦労様でっす!!!
[PR]

by gski1998 | 2010-06-12 17:35 | いちご  

アルプス公園

f0157192_20171779.jpg
国営アルプス公園というのが昨年オープンした。
用地買収の動きが出てきたのが10年以上前、察するに計画段階からだと20年越しのプロジェクトか?
全国で9番目の国営公園だそうな。

地元民の気楽さからか、昨年は昼休みを兼ねて行ってはみたものの、入場料の400円を惜しんで
入らずじまい。

遠方よりの客人を案内する、というのを口実に行ってみた。

入り口にて。

f0157192_206659.jpg


入ってみた。   で、でかい。  ひ、ひろい。

f0157192_209397.jpg


f0157192_2010744.jpg
f0157192_20103774.jpg
f0157192_20173464.jpg


行ってきた人の話を以前聞いた。
「さんざ、歩くじー」  (いっぱい、歩きますよ)

確かに、、、。 おおまかに廻って見ただけでも1時間以上だった。

2~3日のキャンプをして、今日はここ、明日はあそこ、てな具合に子供を遊ばせるには良い所。

近くに住む大人(ワタシのような)だったら大勢で連れ立って昼飯のBBQ。
小人数だったら弁当(コンビニで可)を木陰で広げても気持ち良さそうだった。
  いずれの場合もビールは必須!!!
[PR]

by gski1998 | 2010-06-07 20:36 | コネタ  

白馬大雪渓

日本3大雪渓のひとつ、白馬大雪渓に行ってきた。
恥ずかしながら始めてである。 遠方からわざわざ登りに来てくれたAさんに付き合う形だが、
先日購入した、20Lのザックとアイゼンの使い勝手を試したい。

f0157192_2085638.jpg


猿倉に車を停めて歩き始める。

f0157192_2031166.jpg



f0157192_2034220.jpg


雪が出てきた。  ここまでに1時間ぐらい。
トレッキングシューズからスキーブーツに履き替え、アイゼン装着。
ひたすら登るともさん。
f0157192_204781.jpg


ちょっと一休み。 ふー。

f0157192_204386.jpg


わしもひたすら登る。  300歩で一息いれるのがわしのペース。

スキーブーツだと、つま先を蹴りいれながらの直登しかできない。
その点アイゼンはラクチンだ。  急なところはトラバースできるので体への負担を自分なりにコントロールできる。 
1kg程度の重量増を補っても余りあると感じた。
f0157192_2051760.jpg


調子が良かったのか、アイゼンパワー(?)のおかげか、どこまでも登り続けられそう。(^^)

f0157192_2062174.jpg


残念ながら予定の時間に達したのでここで折り返すことにした。
一応のガッツポーズ。


同じようなペースで登っていたパーティー。  途中でお互いに気付いたが以前からの知己。
某スクールのスタッフがお客さんとともに登ってた。 今夜は小屋泊まりだそうな。

f0157192_2064270.jpg


針の木と違い、これくらいの斜度が大半を占めるなら、山用ビィンディングでのシール登行も
楽そうだ。
[PR]

by gski1998 | 2010-06-06 21:11 | スキー 冬山